モノクローム | 24枚撮りから24枚撮りから
Home  > Category > モノクローム

錆取り列車だけの貨物線

2016/07/09(Sat) 14:42

IMGP8412.jpg
天王寺から先の浪速貨物駅まで朝に1本、たまに午後に1本DD51が走ってました。
大阪ドームの前を機関車だけが走るのは場違いな感じでした。
IMGP8401.jpg
環状線を分岐して43号線を越えて市岡を走るDD。
市岡だけしか撮らなかったのは非常に残念。
IMGP8424.jpg
福有橋の辺りは工場地帯なので独特の感じでした。
PC157244.jpg
こんな立札があってもあまり意味は無かったような気が。
ついでですが、最後まで国鉄からJRに書き直されませんでした。
PC157247.jpg
浪速貨物からゆっくりと折り返していくDD。機関車が来ないとイヌの散歩道になっていたのでした。
しかしイケアがこの近くに出来るなんて因果を感じました。
ku63.jpg
何とも言えないヘロヘロな線路がこの線路の没落を物語っていました。
ku62.jpg
IMGP8505.jpg
水に浸かりそうな感じが何とも言い難かったです。
最後にカラーを何点か。カラーでもくすんだ雰囲気かな。
PICT0508.jpg
PC127115.jpg
PC127137.jpg
PC127133.jpg
20世紀終わりの記録でした。
スポンサーサイト

Category:モノクローム

comment(4trackback(0

城東貨物線南線

2016/07/03(Sun) 21:24


片町線を経由して百済貨物駅まで目指すDD51。
この辺も今は工事中で変わっています。
ku75.jpg
IMGP8411.jpg
住宅地の裏や街工場の間を走る感じで撮りにくかったです。
ku61.jpg
近鉄河内永和からの一枚。複線でキレイになるなんて信じられませんでした。
PC157250.jpg
俊徳道を越えて蛇草信号所へ。コンテナ車が長いとかっこ良かったです。
PC157280.jpg
そして平野へ到着。吹田からだと結構な距離です。
IMGP8427.jpg
平野にあった鉄道院の証。
PC157243.jpg
たまには徳庵の近畿車両まで新車を迎えに行くことも。

Category:モノクローム

comment(2trackback(0

城東貨物線北線

2016/07/02(Sat) 22:35


JRに成りたての頃は城東貨物線もマイナーな存在だったけども、今や変わりつつある真っ只中なのでネガを出してみました。
PC157260.jpg
神崎川を渡って吹田に向かうDD51。
淡路付近では線路予定地が勝手に耕作されていたのも過去の話。
PC157251.jpg
ku64.jpg
PC157252.jpg
赤川仮橋を行くDD51も過去帳に。
IMGP8618.jpg
たまにはDE10が来ることも。
IMGP8619.jpg
貨物線とラーメン屋の屋台も昭和の雰囲気でした。
PC157263.jpg
板だけだった都島信号所。この駅名も最後は折れて草むらに倒れてました。
IMGP8620.jpg
赤川から片町線との合流点までは壁みたいな印象でした。
IMGP8426.jpg
雨天遊戯所といい線路をくぐる道の天井の低さといい、これぞ貨物線といった感じの場所でした。
PC157256.jpg
鴫野を通過するDD51。今は電気機関車に。

Category:モノクローム

comment(2trackback(0

天王寺支線

2015/12/21(Mon) 20:45


もう少し撮っておけば良かったと思うのが南海天王寺支線です。
今池町はネガで撮ったけど捨ててしまったし、モノクロでキチンと撮って残しておけばスキャンで見れる画像になったのにね。
天王寺を単行で走る姿は今では見れないから残しておくのは大事だなあ。
P1207572.jpg
目立たない場所の仮設の階段を降りたら改札口で今池町ー萩之茶屋間徒歩連絡でした。
一度乗り継ぎしたけども雰囲気がその頃はなじめなくてそれっきりでした。
今ならどうだろうかなあ。
P1207570.jpg
ホームはこんな感じで向かいに車両が留置されてました。
暗すぎて撮ることができませんでした。フラッシュ持っていけばよかったなあ。
P1207569.jpg
電車が到着。汐見橋線と同じ車だったのは仕方ないね。
P1207576.jpg
途中の飛田本通で下車。2回来たけど失敗したので見れるのはこれだけ。もっと撮っときゃよかったよ。
ten3.jpg
電車の停まっている場所が今池町で目と鼻の先でした。
昔は複線だったのが単線になって消えていったのが20年以上前になるなんてね。

Category:モノクローム

comment(4trackback(0

武庫川線点描(2)

2015/10/15(Thu) 22:02


武庫川の土手沿いに東鳴尾の住宅地を進む電車。
3線軌条でC12が貨物曳いて走って進駐軍の戦車まで武庫川線を使って運ばれて甲子園口まで線路が伸びていたなんて想像できないなあ。
_1120172.jpg
哀愁が漂う看板。レトロ感出すぎ。
_1120180.jpg
ICリーダーの横におまけで付いてる回収箱。時代の主役が変わりましたね。
_1120175.jpg
電車が到着。大昔は路面電車がここを走っていたり単行が30分毎だった時代があったのは最近知りました。
そんな時代に行ってみたいなあ。
_1120184.jpg
一本松が見えたらもうすぐ洲先。終点だったのも30年前か。
_1120190.jpg
電車が来る直前に点灯する表示器。
_1120194.jpg
洲先を出ると少しだけ土手から離れて
_1120202.jpg
URの住宅群をバックに武庫川団地に到着。
_1120207.jpg
終点といっても団地の外れな感じがするのはさみしいね。

Category:モノクローム

comment(4trackback(0


▲このページのトップへ