郊外電車 | 24枚撮りから24枚撮りから
Home  > スポンサー広告 > 郊外電車 > 未分類 > 郊外電車

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

郊外電車

2016/02/07(Sun) 09:39

P4071454.jpg
郊外電車の改札口。自動化されてないとどこかのんびりした感じがします。
P4071455.jpg
寒い時にはストーブはありがたいですね。
_1172154.jpg
電車が小さいので架線柱が立派に見えます。
PC160857.jpg
鐘が鳴る踏切なんてまだあるのかな。
_1193337.jpg
スポンサーサイト

Category:未分類

comment(4trackback(0

2016/03/12(Sat)16:44

こんにちは。
私は旅に出るときにあまり事前に細かなことを調べないのですが、福井を訪ねた際にこの路線のことをよく知らずに乗らなかったのは失敗だったと今も思います…
お写真の一枚一枚が素敵ですが、福井電鉄の素朴な風景には、心惹かれるものがありますね。
「警報機がジャンジャン…」も個人的には大好きです。
この機に福井電鉄のことを少しだけ調べてみたのですが、名鉄の岐阜地域で走っていた路面電車スタイルの車両たちなのですね。今は資本関係はないようですが、地元資本や公共団体の経営参加後に、改善が進み、利用者が増加したとの記載を見つけたときには、嬉しくなってしまいました。
富山・福井の、地域鉄道に対するスタンスには安心感がありますし、この先も地域の信頼を得て活躍し続けて欲しいと願っています。
私も、3枚目のお写真のような、雪景色を走る小さな列車を自分で見てみたい、そう感じました。
お写真、大変楽しませて頂きました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

名前:風旅記 (URL編集

2016/03/21(Mon)01:40

地方鉄道には鉄道が主役だった時代の名残があるのは嬉しいのですが、クルマが主役となり改善もされずに取り残された雰囲気を見ていると、鉄道の将来が心配になります。
「いつまでもこんな光景が見たい」という気持ちの一方で、鉄道が衰退していることへのジレンマがあります。

名前:ROUTE25 (URL) 編集

2016/03/21(Mon)18:28

福井鉄道は名鉄600V区間から車両が来た時の写真ばかりですから10年前くらいになります。
その頃はまだ古い駅舎もあり、デジカメも入手した勢いもあってよく足が向きました。
その後の経営を巡るゴタゴタもあり、紀州鉄道に興味がでたので行かなくなりました。
なかなか地方色を感じるものが踏切くらいしかないのは仕方ないですが、落ち着いたらまた行ってみたい路線です。

名前:ちよほか (URL) 編集

2016/03/21(Mon)18:48

一時期を思えばかなり公共財産として扱ってもらっている鉄道もきっかけ一つであっさり廃線になるので昔を知っているとかえって複雑な気分になりますね。
200型は50年近く走っていますがフクラムは20年以上持つのかな、とふと思います。

名前:ちよほか (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。