あたりまえの | 24枚撮りから24枚撮りから
Home  > 有田川 > あたりまえの

あたりまえの

2011/08/30(Tue) 22:23


ボックスシートに灰皿、窓が開いて網の網棚。
むかしむかしはあたりまえの車内設備。
スポンサーサイト

Category:有田川

comment(4trackback(0

なつかしいです

2011/08/31(Wed)13:09

今では懐かしい光景も、少し前までは当たり前だったのですよね。
テーブルの下にあった栓抜きが、なくなってますね。
あれでもう一度、コーラの栓を開けてみたいな。

名前:kaz_eg6 (URL編集

2011/09/01(Thu)22:16

普通でも禁煙ではない列車もあったしトイレから線路が見えるのもあったので
今から思うとある意味すごかったんだと思います。
弁当のお茶も缶入りなんか無くてお茶の葉のパックが入っていた記憶があります。

名前:ちよほか (URL) 編集

No title

2011/09/03(Sat)10:35

国鉄時代は急行でも快速でも、地方では普通でもみんなこのような車内でしたね。今の車両は快適ですが、こういうボックス席での旅もいいものでした。
テーブルに栓抜きに灰皿、意味もなく触って遊んでましたね。
キハ58で一番印象深いのが窓側足元のでっぱりです。
ここにいつも足を乗せて乗車していたことを思い出します。

名前:R25 (URL) 編集

2011/09/03(Sat)23:05

昭和52年の時刻表を見たら天王寺から御坊まで急行なら1時間40分ほどなのでこの設備でも耐えられそうです。でも特急もこの頃はグリーン車以外はリクライニングが無かったんですよね。
青い回転シートなんて今から見たらたいしたことないけども、特急に乗っている気分にさせてくれました。特急がインフレな現在のほうが寂しいかもしれないですね。

名前:ちよほか (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ